MENU

強みである会計士のスキルを生かしつつ幅広い領域でチャレンジ

生きていく力を得るため、まずは公認会計士に

もともと会計に興味があり、数字から物事を見る力を身につけたいと思っていました。将来、どんな仕事をするにせよ、それが生きていく力になる。そう考えた私は、学生時代に公認会計士の試験を受け、合格すると実務経験を積むために監査法人1本に絞って就職活動を行いました。それが公認会計士になるための最短コースだったからです。
3年間の実務経験を経て、晴れて公認会計士になったら、もう一度自分のキャリアについて考えよう。その頃には本当にやりたいことは何なのかがわかるはず。もし、監査法人での仕事を続けたいと思ったら、続ければいい。
しかし、出てきた答えは違いました。もっとクライアントに対してコミットしたい。一緒に何かを成し遂げたい。今のままではそれはできない……。そもそも監査法人の仕事は、クライアントである企業が作成した財務諸表を徹底的にチェックすることです。あくまでも第三者の立場であって、当事者ではありません。そこに物足りなさを感じたのです。加えて、困難にぶつかっているクライアントを目の前にしても、法律上、一緒に問題解決することはできない立ち位置にも、もどかしい思いを抱いていました。目の前に困った人がいるのに、なぜ手を差し伸べられないのだろう?
転職しよう。こうして二度目の就職活動が始まったのです。


あらゆる経営課題に一気通貫で応える姿勢に共感

自分のやりたいことができる場所―――。そこに辿り着くために、二つの道を考えました。一つは事業会社、もう一つはコンサルファームです。結局、後者を選ぶわけですが、その決断に迷いはありませんでした。
もし、事業会社を選んだなら、当時の私はきっと財務経理系の部署にしか配属されなかったことでしょう。得意領域ではあるけれど、それは私の本当にやりたいことではない。もっといろんなことにチャレンジしたい。その点、コンサルファームであれば、さまざまな業種の企業を相手に、短期間でいろいろと経験を積むことができます。前職でも、コンサルファームと同じくプロジェクトベースで業務を遂行しており、そうした仕事のやり方が性に合っていると感じていました。
とはいえ、コンサルファームも多種多彩。自分のスキルを存分に生かすなら、財務系がふさわしいのかもしれませんが、あえて候補から外しました。何かに特化することは、言い換えれば、できることが限られるのではないか? 「これは領域外ですから…」と手を出さずに、前職で経験したようなモヤモヤした思いを再び募らせるのではないか?
熟慮の上、選んだのがIGPIです。戦略も法務も会計もすべて網羅し、一気通貫で経営課題の解決に取り組んでいく姿勢に共感。ここでなら、目の前にいる困った人と同じ方向を向きながら、支援することができる。そして、会計士としてのバックグラウンドを生かしながら、自分自身も成長できる。そう確信しました。


マーケットに必要とされる人材をめざして

初仕事は、地方企業の事業再生プロジェクトです。すでに進行中の案件であり、ハンズオン(常駐)支援のため、任命されるとすぐに本社のある関西へと向かいました。
 まず実感したのは、人に行動してもらうことの難しさです。たとえば、営業の売上目標を立てる場合も、こちらが一方的に数字を提案していては、誰も動きません。けれど、自分たちが検討した上でつくった数字であれば、達成しようと懸命になります。さらに、営業所ごとの目標数字を、一人ひとりの営業マンの数字に落とし込めば、やるべきことがより明確になり、誰もが効率的に動きます。
大事なのは、いかに腹落ちさせるか。人事ではなく自分事になれば、人は行動します。私がいなくなっても、あらゆる業務が円滑に進行するような仕組みづくり。それが実行支援です。成功させるには、現場に入り込み、企業の一員となって同じ方向を向き、しっかりとタッグを組んで考えていくこと。その姿がやがて信頼につながり、人を動かすのではないでしょうか。
といっても、最初からスムーズにできたわけではありません。現場で悩み、トライ&エラーをくり返す。もちろん、IGPIの上司や先輩たちの適切なアドバイスがあったことは言うまでもありません。
 1年間のハンズオン支援を終えた後、いくつかの事業再生プロジェクトを経験し、今はM&Aアドバイザリーや投資業務などにも従事しています。今後は、自分の核ともいえる会計士のスキルを磨く一方、戦略的思考を高め、幅広い業務に取り組んでいきたいと考えています。目指すは、組織に属さなくても生きていける人、マーケットに必要とされる人になることです。

Member一覧へ戻る

PAGE TOP