MENU

ビジネスと技術の専門性。2つを兼ね備えることで、提案の質を高めたい。

アイデアの有用性で勝負できる世界へ。

コンピュータサイエンスの中でも、大規模データ処理、いわゆるビッグデータ処理の領域を大学院で研究していました。元々は「アイデアで稼ぐ仕事がしたい、役に立つアイデアを世に提供したい」と思い研究者を志していたのですが、この領域はアイデアの有用性よりも新規性の側面が重視される傾向があると感じ、自分の価値観と合わないと思い始めました。ちょうどその頃、インターン先のITベンチャーの経営者からコンサルティング業界の存在を教えてもらいました。就職活動をする中で、コンサルティング業界は事業に対する提案・提言の有用性で勝負する世界であり、それが自分の価値観とフィットすると感じました。とりわけIGPIは実行されなければ無意味、という志向性が強く事業にとっての有用性を特に重んじています。そういった理念への強い共感が入社を決意した一番の理由です。


データ解析技術とビジネス現場の橋渡し。

現在は、大企業におけるデータサイエンスの活用推進プロジェクトを担当しています。クライアントは全社的にデータ活用が進んでいない状況ですが、一方で技術を活かせる領域は広範にわたって存在するため、改善余地の大きい領域を洗い出しつつ、優先順位をつけて打ち手を実行しています。直近では、データ解析を用いたマーケティングの高度化を進めており、具体的には、顧客のターゲティングに機械学習技術を利用し、営業効果を向上させるというものです。この取り組みの中で、私は主にデータ解析・予測モデルの構築と現場への落とし込みを担当しています。データサイエンスの議論は小難しい話と敬遠され実行に至らないケースも少なくありませんので、クライアント先に常駐し、丁寧にコミュニケーションをとって信頼を得つつ、クライアントと併走するよう心掛けています。


緊張感のある仕事で得られる「張り合い」。

コンサルティングは中長期的に結果を出すことが比較的多いと思いますが、今回のような営業効果の向上を狙った取り組みの場合は、結果がすぐに数字として現れます。仮にモデリングに不備があり間違った結果を出してしまえば、クライアントに損害を与えることと同時に、IGPIの信頼を失うことにもなるため、特に緊張感をもって作業を進めます。また、予測結果を算出するだけでなく、その結果をもとに現場の方に行動してもらわなければなりません。そのためクライアント先に常駐し、クライアントから信頼を得ることが重要でした。結果、施策は実行に至り、有意性が認められる大きな効果を得ることができました。安堵感とともに得た達成感とクライアントの笑顔は今でも脳裏に焼きついています。データサイエンスをビジネスに活かす全体像が掴めたこのプロジェクトは、自分の中でも特に大きな経験だったと思います。また、このプロジェクトに関わらず、IGPIの仕事は目に見える成果が求められます。そのような緊張感の中で働くからこそ得られる“張り合い”が日々の充実を生んでいるのだと思います。


専門性を活かすためにも、まずはビジネスを幅広く学ぶ。

IGPIは複数の専門性を持ったコンサルタントが数多く活躍しています。実際、一緒に仕事をしている先輩はデータサイエンスのスキルに長けている上、ビジネスへの造詣も深い人です。この二つを兼ね備えているからこそ、データ解析を用いたリアルな打ち手を次々とクライアントに提案できており、私の目標となっています。そのためにはデータ解析という専門性だけでなく、ビジネスコンサルタントとしてスキルに磨きをかけることが直近の目標です。IGPIは経営人材を輩出することを一つの理念に掲げていますが、そのための教育体制も整っており、特に新卒入社社員は研修やOJTを通して戦略論、財務、法務など幅広い知識やスキルを継続的に習得します。もちろんデータサイエンスも研修の範囲です。データサイエンスの基礎知識にとどまらず、専門知識がないけれども興味を持つ人に対しては、データ解析技術を習得できる研修も実施しています。なおかつ、IGPIでは意思表示をすることで、業界、支援テーマに関わらず様々なプロジェクトに関わることが可能です。個人のキャリアアップの観点でも非常に魅力的なファームであると感じます。

Member一覧へ戻る

PAGE TOP