MENU

前倒しキャリアのススメ
~子持ちプロフェッショナルが語る 家庭と仕事の両立~

富岡 さやか
ディレクター
東京工業大学理学部卒
前職 マッキンゼー・アンド・カンパニー
前職での仕事内容 製薬業、病院、小売業等に対するコンサルティング
IGPIでの仕事内容 IGPI出資先ベンチャーへのハンズオン支援やヘルスケアやインフラ関連の新規事業立案・実行支援
家族構成 夫・子二人

多様な働き方の社員が多いIGPIの中で、家庭と仕事とを両立するための働き方を実現しているプロフェッショナルに、長期スパンでのキャリア形成とIGPIの組織について聞いてみました。


入社にあたっての期待

インタビュアー: 富岡さんの入社にあたっての期待は何だったのですか?

富岡: 私は前職、外資系コンサルティング・ファームにいたのですが、転職を考えていた時にヘッドハンティング会社の人からIGPIを紹介されました。面接を受けてみると、今まで会ったことのないような面白い人がたくさんいて、コンサルタントとして成長できる環境だと思えたんです。


多様な働き方とそれを支える組織風土

インタビュアー: 確かに他ファームと比べて事業領域が広い分、色んな方がいる印象です。富岡さんが産休・育休をとられた際には、既に会社として制度が整備されていたのでしょうか?

富岡: 当時は法律通りに産休・育休がとれるくらいだったのですが、私が前例になったことで意識が変わり、その後かなり制度もできていきましたね。例えば、育休や稼働を下げた勤務は、本人の状況にもよりますが期間を延長することが可能になりました。

インタビュアー: 制度以外の仕事面で、稼働を下げて働く時間が短くなった中、成果を出す難しさって感じていらっしゃいますか?

富岡: そうですね、出産前と働き方は変わりましたが、IGPIは一人ひとりが働きやすい方法を認めてくれる会社なので、両立はしやすいですね。「今日は自宅で仕事していいですか?」なんて、部下に確認しても、上司に確認したことはほぼありませんから。プロジェクトも、育児に支障がないよう、東京近郊のプロジェクトをやらせてもらえるようにしています。

インタビュアー: 個々人にあった働き方ができるのですね。

富岡: 希望を言えば、できる限り叶えてくれます。あと、時間が限られていることは会社もわかっていて、「もうひとつプロジェクトを回しているようなものだから」とマネジメント層は言ってくれています。評価に関しても労働時間の多寡ではなく、内容での評価になるので、とてもフェアだなと感じます。


家庭と仕事との両立ができている理由

インタビュアー: 富岡さんが産休・育休から復帰された時は何か不安とかはありましたか?

富岡: そういう不安とは無縁でしたね。IGPIでの仕事はプロジェクト制だから、元々特定の部署があるわけでもありません。帰ってくる場所がないとか、そういう焦りもないですよね。実際、戻る前から「どんなプロジェクトがいい?」と聞かれていましたから。

インタビュアー: ただ、戻ってすぐにプロジェクトにアサインされるというのは、それまでの積み重ねがあったからですよね?

富岡: たしかに。若いうちからいろんなプロジェクトを経験して、着実にできることを増やしていけたからこそ、産休・育休の後も必要としてもらえているのかもしれません。

インタビュアー: なるほど。共働きが当たり前の世の中になる中で、若いうちから挑戦する経験を積むことが重要ですね。

富岡: そうですね。稼働を下げて働いたり、育休をとる男性も増えていくでしょう。それでもやっぱり、女性が出産を考えるなら、若いうちにどれだけ前倒しでキャリアを積めるかが、長いキャリアを考えても勝負になってくると思います。出産後にも「戻ってきてほしい」と思える人財になっているか、ということです。必要な人財、求められる人財になっていれば、復帰がしやすいわけですから。

インタビュアー: 前倒しのキャリア形成は大事ですね。何にも捉われずに本気で仕事できる期間は本当に短いので、そういう時期は絶対に大切にしなければなりませんね。


これからのキャリアについて

インタビュアー: 富岡さんは育児を経験して、何か仕事に活きた点はありましたか?

富岡: 育児で学べることって大きいと思います。私は「ある程度の問題が起きても大丈夫だろう」という肝が座ったのと、チームのメンバーの体調を気づかえるようになりました(笑)。

インタビュアー: 確かに普通に仕事ばかりしていたら、見えない世界があるのかもしれません。

富岡: そういう世界でしか得られない情報ってありますよね。私も今、ママ友から聞いた情報を仕事に活かしています。

インタビュアー: 素晴らしいですね。富岡さんは育児の後はどんなキャリアをイメージされていますか?

富岡: そうですね。私は今も時間が限られている分、ムダなことはしたくないというか、自分が面白いと思える仕事に注力して働いています。幅広い仕事のあるIGPIでは社会の基盤作りに携われるチャンスも多いので、そういうところで活躍していきたいと思っています。

インタビュアー: 最後に、IGPIを志望する学生に向けて一言メッセージをお願いします。

富岡: 前倒しのキャリアが重要になっていく中で、若いうちから色々な経験が積める、そういう環境がここにはあるので、若いうちに成長したい人は、ぜひ門を叩いてみてください。

インタビュアー: 本日はありがとうございました。

Career一覧へ戻る

PAGE TOP