MENU

キャリアパス

IGPIにおけるキャリア形成の考え方

IGPIが関わるクライアントの企業及びその経営者が抱えている問題は、何らか特定の専門性を活かせばシンプルに解決出来るというものは多くありません。
そのため、IGPIには複雑な経営課題に対する支援を行うべく様々なバックグランドを持ったプロフェッショナルが集まっています。その中で、新卒入社社員の方々には、様々なテーマのプロジェクトに取り組みつつ、プロフェッショナルである先輩社員の幅広い知識・経験を吸収して頂き、IGPIが目指しているプロフェッショナル・マネジメント・リーダー、すなわち真の経営人材へと成長して頂くことを期待しています。


キャリアパス

新卒でIGPIに入社された方は論理的思考、事業経済性分析、会計、税務、法務、ファイナンス、語学といったプロフェッショナルに必要な基礎的スキルの習得を続けながら、各プロジェクトにアサインされOn the Job Training(OJT)を受けることとなります。
数年間のアソシエイト期間を経てハードスキル(業務知識)及びソフトスキル(クライアント・コミュニケーション等)が十分であると認められれば、マネジャー、ディレクターとプロモーションしていき、プロジェクトマネジャーとしてチームを率いる立場となっていきます。

  アソシエイト マネジャー ディレクター マネージング
ディレクター
役割
社員
紹介

新卒入社社員のキャリア形成

プロフェッショナルに必要とされる基礎的スキルの習得を継続するとともに、OJTであっても主体的に業務を遂行していくことが求められます。
OJTとして、数年間はローテーションによって様々なテーマ・業界のプロジェクトに関わる機会があり、その中でハードスキルとソフトスキルをそれぞれ磨いて頂きます。
特に、先輩社員の深い思考力、豊富な知識やコミュニケーションスキルを目の前で見ながら、ありとあらゆるものを吸収し、将来さまざまな場で活躍できる経営人材として成長することが求められます。

Career一覧へ戻る

PAGE TOP