ニュース・レポート

HOME/ ニュース・レポート
NEWS2017.03.21

ソフトウェアの並列化技術を提供する早稲田大学発ベンチャーであるオスカーテクノロジー株式会社への資本参加に関するお知らせ

株式会社経営共創基盤(代表取締役マネージングディレクター:村岡隆史、以下「IGPI」)は、ソフトウェアの並列化技術を提供するオスカーテクノロジー株式会社(代表取締役社長:小野隆彦、以下「オスカーテクノロジー」)の第三者割当増資を引き受け、資本参加いたしました。
また、既存株主である株式会社デンソー、ウエルインベストメント株式会社、新たに株式会社産業革新機構も同社への出資を決定しています。

昨今では、単一プロセッサの処理速度の向上が限界に近づいており、コンピューティングパワーの向上には複数のプロセッサの併用(マルチコア)が大きな流れになりつつあります。マルチコア活用時には、プログラムをマルチコア処理に最適に変換すること(並列化)が、処理時間の短縮及び消費電力の抑制において重要であり、並列化のニーズが高まっています。

オスカーテクノロジーは、早稲田大学で研究・開発されたソフトウェアの並列化に関する技術を商用化するために設立されました。当該技術は、コンピュータの駆動ソフトウェアを自動で並列化するツールに関するものであり、当該技術を活用することで、マルチコア環境での動作を高速にし、消費電力を抑えることが可能です。同社は、当該技術をPC上で動作可能な変換ソフトウェアOSCARTech®コンパイラ)として提供しています。
OSCARTech®コンパイラの最大の特徴は、既存の自動並列化では実現できなかった、プログラム全体の並列化を可能とするマルチグレイン並列処理を行うことにあります。これにより、複雑なソフトウェアにより膨大な計算量が求められる自動車制御や産業ロボット制御などの領域での展開が見込まれます。

IGPIは、オスカーテクノロジーの企業価値向上に向け、経営全般に関わるアドバイスを行うとともに、IGPIの有するネットワーク・リソースを活用し、オスカーテクノロジーの自動並列化技術の普及を支援してまいります。

【オスカーテクノロジー概要】
主な事業内容: ソフトウェアの並列化サービス・コンサルティング
設立: 2013年2月
代表者: 代表取締役社長 小野 隆彦

〈本件に関するお問い合わせ先〉
株式会社経営共創基盤斉藤 / 小島 / 堺
TEL:03- 4562-1111 e-mail: info_igpi@igpi.co.jp

ファイルはこちら