ニュース・レポート

HOME/ ニュース・レポート
BOOK2015.06.19

選択と捨象

選択と捨象
「会社の寿命10年」時代の企業進化論

 

【著者】
冨山 和彦(パートナー/代表取締役CEO)

【出版社】
朝日新聞出版

企業は必ず滅びる。どんなに大きな会社であっても必ず寿命が来る。それが当たり前であることを前提にトップは経営し、働き手も備えなければならない――。
カネボウ、ダイエー、JAL、、、、産業再生機構の最高執行責任者(COO)として、またその後にも、数々の企業再生の現場に対峙してきた筆者が、「選択と捨象」が真に意味するところの現実たる事実を伝え、日本再生の処方箋を示しています。

【目次】
序章  栄枯盛衰は企業の宿命
第1章 会社がつぶれると、なぜ雇用が生まれるのか
第2章 「企業」がなくなっても、「事業」はなくならない
第3章 「偉大な創業者」がいる会社が安泰とは限らない
第4章 継続すべき事業かどうかは「市場」が決める
第5章 地方企業の再生から学ぶ―労働力が不足している「地方」には未来がある
第6章 会社も、人も、進化し続けるものだけが生き残る